貧乏なのに気前がいい妻

38

ダディはやはりお金を持っていないものの、強い気前が良いのには困ります。

おお金はわずかで、飲みに赴きなどの傍らとの社交がある時は、

人々が臨時でおお金を渡します。

 

恥をかかないようにって未だ無理をして多めに贈与を持っていって味わうけれど、

友人の予行では抱える贈与を全部出して、「お釣りはいいよ」と言って概況をつけてくる。

 

設備はそれほどセレブじゃないのに、これが男のプライドなのですか?

やりくりしている人々にとってはたまったものではありません。

 

何回かに特別の割合で飲み会に参加すれば有り難いものを、

毎回入会のにも困ったものです。

 

せめて正しくわり感触によって、お釣りを持ってきてくれればというのですが、

男のプライドがそれを邪魔しているようっです。