「お金を稼ぐのは難しい」と思い込んでいると・・・

12

「仕事は難しい」「お金を稼ぐのは難しい」と思い込んでいるから、わざわざ自分にとって難しいことに多くの時間を割いてしまいます。あなたには自分の才能がどこにあるのか、なかなか気づけません。他の多くの人には難しいけれど、あなたにはあっさりできてしまうことってないでしょうか。

あなたにはあっさり出来すぎて物足りないけど、周りの人からは、「どうしてそんなことできるの」「何でそんなに詳しいの」「どうしてそこまで熱心になれるの」とよく言われることがあると思います。私たちは難しいことをするより、あっさりとできて物足りないぐらいのことや能力を仕事に活かしたほうが、絶対にうまくいきます。簡単か、難しいかなど、本当に人それぞれで、あなたと他人では全く感じ方が違うのです。

あなたは何も、難しいことをする必要はないのです。それよりも、心の中に抵抗が少なく、意欲や情熱が自ずとわき上がるようなことをしたほうが望ましいのです。もちろん、困難に挑戦しなければならないときもあります。楽にことが進むばかりではないからです。それでも、あなたは自分の才能が活かせていることが大前提です。どの道苦労するなら、好きなことや得意なことで苦労したほうが、成果が出やすいのは多くの人が経験しています。きっとあなたも、体験しているのではないでしょうか。

「難しいことをしないとお金が稼げない」、これは単なる思い込みです。高いスキルがないと、お金をもらうわけにいかないときもあります。これも思い込みです。お客さんよりもちょっと知っていたり、得意なだけでも、お金をもらうに値するサービスや商品はたくさんあります。難しいことをしなくても、お金を稼ぐことはできます。そう思い込みが変化したら、あなたは自分のどんな才能を使うことができるでしょう。

たとえば、文章を書くのが好きだった、でもお金になるはずがないときは、もっと文章力を上げて、もっと難しいことを書かなければなりません。それだと、自分の才能を使えていないのです。

書いていて楽しく、あっさりと簡単に書けることを書きます。それでも、他人はあなたの書いた文章に感心してくれるでしょう。うんうんうなりながら生み出されたものより、あまりにもあっさりとクリエイトされた商品やサービスのほうが、世の中から受け入れられることはよくあります。

たとえば、どうしてそんなに人の気持ちが分かるのなどと他人から言われて、そんなの誰だって分かるでしょうとピンと来ない場合、それはあなたの才能です。才能は、自分では気づけないのです。誰かに教えてもらえないと気づけません。人間、生まれたときからそこにあるものには、気づかないし、感謝もしないからです。空気とか、水とか、親とかです。両親がいて良かったね、などと言われてもピンと来ないのです。生まれてからずっと、存在して当たり前だからです。でも、片親で育った人から見れば、それはものすごい幸運に見えるわけです。