学費を自分で支払いながら大学院に通う

05

大学院まで通いましたが、院の学費は自分で支払いました。とは言え、年間70万近くの学費、交通費は決して楽ではなかったです。また、アルバイトをしてばかりで勉強・研究をする暇がない、というわけにもいきません。

当時は中学で非常勤講師をさせてもらい、大学ではティーチングアシスタントをさせてもらっていましたので、なんとかなりました。ただ、中学では1週間当たり最大17時間の授業を受け持ったことがあり、その時は授業準備や成績付けなどで時間がかかり、勉強する暇が殆どなかったです。

学生がアルバイト(非常勤講師はアルバイトとは思いませんが)をしながら学費を払うということは決して楽ではないのだと思い知りました。でもこのおかげで、奨学金を使わずに済んだことは良かったと思います。