昭和の産業がネットというのは分かります

12

今更なのですが、ネット産業って、簡単にいうと、実店舗がないというだけで、かなりローリスクになっている部分はあります。

昭和の産業分野は、まだ需要はあるけれど、やり手やリスクで諦めた人も多かったのではないでようか。

私が前から書いているクリーニング屋や、鍵屋、これって、集客代行などを使って、顧客を掴めれば、通用する分野だと思います。

合鍵専門はちょっと悪用の危険性もありますが、クリーニング屋だと、業者にクリーニングを頼んで、細かい所だけ直していけば、後はやる気でしょう。

個人のものを洗わなくても、会社経営で洗ってほしいとは沢山あると思いますし、リペア屋の特徴として、ブランドを直して、クリーニングしてヤフオクに出しても失敗はしません。